ポジション別のExcelシフト表2

店舗のシフト表・ワークスケジュール表のテンプレートです。

大きなお店での利用を想定し、1日にたくさんの人数が働くお店用に作成しました。

人数が多いと、それぞれの時間帯に何人が働いているのか把握しながらシフト表を作成する必要性が出てきます。

そのため、1時間毎のシフト人数を計算し、合計人数を表示させるようにしました。

ポジション別シフト表(1)との違いは、休憩時間の入力が可能になっている点と人時生産性の表示です。

休憩時間を入力した場合、シフトの線は水色で表示されます。時間帯別のシフト合計人数は、この休憩時間分はカウントしません。

シフト表の下に、人時生産性を表示することで、適正な人員配置を分析しながら、シフト表を作成することが可能となっております。

休憩時間は1個しか入れられないので、ロングシフトの社員さんの場合、休憩を複数に分けて取得することも多いかもしれません。その場合には対応してないので、ご自分でカスタマイズをお願いします。(多分、無茶苦茶長ったらしい関数になると思います。)

ポジション別のExcelシフト表2を無料ダウンロード
シフト表の特徴
  • 目盛りは15分単位です。
  • 時間を入力すれば、ガントチャートを勝手に引いてくれます。
  • ホールとキッチンのように同一店舗内の2つの職場を分けて作成可能です。
  • 各職場単位で、1時間あたりのシフト人数が表示されます。
  • 個人毎にポジションをリストで割り当て可能です。
  • 休憩時間の入力が可能です。
  • 休憩時間は時間帯別のシフト合計人数から控除されます。
  • 客数・売上の時間帯別予算を入れると人時生産性が表示されます。
ポジション別のExcelシフト表2の設定項目と時間入力
DOWNLOAD(Size:84KB Uploaded:2012/06/09)

Excel2007,Excel2010,Excel2013,Excel2016対応

ZIP形式で圧縮されていますので解凍してご利用ください。

こちらのテンプレートもどうぞ